cocorone Volume.12

そのひと手間が愛着に。初夏を迎える梅仕事。

2019.05.15

Share

twtter facebook line

毎年叔母が贈ってくれるたくさんの青梅。梅と一緒に入っていたのは、手書きで書かれた梅仕事のやり方。梅シロップ、梅干し、他にも梅を使ったつくねレシピも。青梅の優しい香りに癒されながら、今年も梅仕事を始めてみたいと思います。

毎年叔母が贈ってくれるたくさんの青梅。

青々とした梅は、見ているだけでもおいしそうな予感。

梅と一緒に入っていたのは、手書きで書かれた梅仕事のやり方です。

青梅から漂う優しい香りに癒されながら、今年も梅仕事を始めてみたいと思います。

◆梅シロップの作り方

暑くてぼーっとしてしまいそうな朝も、梅シロップを使えばすっきり目覚められます。

シロップは水や炭酸で割るのはもちろん、ヨーグルトにかけて食べても合いそう。

一度作れば一夏たっぷり楽しめるのも嬉しいポイント。

少し時間をかけてじっくり梅酒を作るのもいいかもしれません。

出来上がりまで1年ほどかかるけど、お手製の梅酒はきっと格別の味。

詳しくはこちら▷梅仕事はじめます。簡単おいしい梅シロップの作り方。

◆好みの塩加減を目指す、梅干し作り

梅干し作りは、今年挑戦したいことのひとつ。

難しいかなと思っていたけど、粗塩を用意すれば作れると聞いて、興味が湧いてきました。

上手に漬けられるようになったら、自分好みの塩加減を探してみるのもいいかも。

梅と塩を交互にいれて、重しを乗せたらしっかり保管。

梅酢が上がってきたらしっかり天日干しすれば出来上がりです。

少しずつ出来上がっていく様子を見るのも楽しくて、我が家の夏の過ごし方の定番になりそうです。

詳しくはこちら▷自分好みの塩加減を。夏を乗り切る梅干し作り

◆夏を先取りの乗り切る梅レシピ

とことん梅を味わうなら、と教えてもらったのは、「梅しそ豆腐つくね」。

つくねの中にカリカリ梅が仕込んであるので、食感も良い一品です。

ふわりと香る大葉と、梅肉ソースが爽やかで…、お肉料理もさっぱりと食べられます。

盛り付けやアレンジにもこだわって、見た目も味も華やかにして楽しみたいな。

これからの季節、何度も作ってしまいそうです。

詳しくはこちら▷夏を先取る梅レシピ。梅しそ豆腐つくねの作り方

***

梅シロップに梅酒に梅干し…丸一日かけて仕込んで梅と向き合うのは少し大変だけど、すっかり私の毎年の楽しみになりつつあります。

出来上がった梅シロップや梅干しは、写真に撮って叔母に送ろうかな。

梅仕事で、一足お先に夏を始めたいと思います。