cocorone Volume.02

うつわ選びにこだわりを。暮らしを彩る3つの“私のとっておき”ブランド

2018.12.19

Share

twtter facebook line

シンプルなデザインに、マットな質感。私のお気に入りのうつわは一つひとつにこだわりが詰まったとっておきのものばかりです。中でも特によく使っているのは、「3RD CERAMICS」「SAKUZAN」「KODAMA TOKI」の3つのうつわ。今日はどれを使おうかな。

料理を引き立てたり、テーブルの上が華やかに感じられたり。

とっておきのうつわがあるだけで、料理の時間が楽しくなるもの。
私のお気に入りのうつわは、一つひとつにこだわりが詰まったとっておきのものばかりです。中でも特によく使っているのは、「3RD CERAMICS」「SAKUZAN」「KODAMA TOKI」の3つのうつわ。

今日は、私のとっておきのうつわブランドを3つご紹介します。

◆「3RD CERAMICS」の暮らしに馴染むうつわ

「3RD CERAMICS」は「気づきのある暮らしを送る人へ」をコンセプトに作られたうつわブランド。 うつわの名産地、美濃エリアで生み出されています。

表面に入っているグレーの模様がそれぞれ違っているので、同じかたちのうつわでもさまざまな表情が見えるところがお気に入り。シンプルながらも暮らしに馴染んでくれます。

詳しくはこちら▷「3RD CERAMICS」でシンプルに美しく。暮らしを彩る美濃焼の魅力

◆「SAKUZAN」の美しいうつわ

「SAKUZAN」のうつわは、さらりとマットな質感で、カラフルな色合いが美しい逸品。一枚あるだけで、まるでカフェのごはんのように見える優れもの。

色のバリエーションは豊富なのに、リムのエッジが効いているので子どもっぽくなりすぎないところがお気に入りです。美しさにとことんこだわって生み出されたうつわの数々は、使い勝手の良さも魅力。

何枚もほしくなってしまいそうです。

詳しくはこちら▷SAKUZANのカラフルプレートにきゅん。食卓を彩る“私のとっておき”

◆「KODAMATOKI」あたたかさを食卓に

「KODAMATOKI」のうつわは、一つひとつが手作りされた陶磁器。シンプルなデザインなのに、どこかあたたかみがあって食卓をぐっと優しい印象にしてくれます。

真っ白なだけじゃなく、少し生成り色も混ざった独特の味わいがあるうつわ。和洋中問わず、どんな料理とも合わせやすいので、食卓に馴染みます。

詳しくはこちら▷KODAMATOKIで作る食卓。手作りならではの陶磁器の魅力を発見

どれもシンプルながらも個性やこだわりを感じさせてくれるものばかり。

今では暮らしに欠かせない“私のとっておき”になりました。

今度は私も姉にプレゼントするためにうつわ巡りをしてみようかな。