一生使いたい鉄製のフライパン。長持ちさせるお手入れ方法

暮らしの特集 暮らしの特集

道具と暮らす

鉄製のフライパンは、きちんと手入れをすれば一生使える万能アイテム。熱伝導がいいため、調理時間も短くなるんだそう。大切に使いたいから、使い始める時のポイントや、長持ちさせる方法、保管方法を聞いてみました。

Share

twtter facebook line

母から「これ使ってみる?」と言って渡されたのは鉄製のフライパン。

使いこなすのが難しそう…とついつい思ってしまいがちだけど、大切に使えば一生使えるそうなので、お手入れの仕方もしっかり聞いてきました。


◆鉄製フライパンの特徴

鉄製のフライパンは、熱がよく伝わりやすいので、短い時間で料理ができるんだそう。

使い始める前に、「油ならし」をすることで、油が馴染むそう。このひと手間で、焦げ付きを防ぐことができて、フライパンに食材がつきにくくなるみたい。丈夫なのでがっつり料理したいときにも頼れる存在なんですって。


◆鉄製フライパンを洗うときのコツ

鉄製のフライパンは油を馴染ませながら使うので、洗剤は使わずに洗うときは、たわしでごしごし水洗いが基本。

こすってもなかなか汚れが取れないときは、水を入れてからまた火にかけると汚れが浮いてくるので取れやすくなるんですって。

長年使っていてどうしても汚れやサビが取れないときも沸騰させたお湯で少し浮かせてから、ヘラを使って削ぎ落としてもいいみたい。


◆鉄製フライパンの保管方法

鉄でできたフライパンは洗ったあとそのまま放置しておくとサビ錆びの原因になることも。

きちんと水気を拭いて、できれば吊り下げて保管できると良いそうです。


鉄製のフライパンは、手入れをしっかりすることで一生使える調理器具。

早速、どんな料理を作ろうかと妄想が膨らみます。

これから、ずっとよろしくね。