主役になれる一枚を。きほんのうつわ第二弾のこだわり

編集後記

cocoroneな日々

11月末リリースを予定しているきほんのうつわ第二弾。今回制作したのは、食卓の主役になれる2種類の食器です。鉢はたっぷりサイズで丼を兼ねるようなものに。具沢山スープやサラダ、ラーメンや親子丼などパパッと済ませたい一皿料理のときにも便利です。プレートは24cmと程よい大きめサイズでカレーやパスタはもちろん、お肉やお魚のメイン料理にもぴったり。今回は、私たちのこだわりや、苦労したところなどお話ししたいと思います。

Share

twtter facebook line

11月末リリースを予定しているきほんのうつわ第二弾。

共同で制作を進めているスタイリストの有希子さんから、デザインのこだわりや、制作の裏側を教えてもらいました。第二弾のビジュアルや、使用例とともに紹介したいと思います。

毎日使えるマルチユースなうつわ

こんにちは、スタイリストの有希子です。11月末リリース予定のきほんのうつわ第二弾。今回もときめきと実用性を兼ね備えた自信作が出来上がりました。

この編集後記では先駆けて、私たちのこだわりや制作秘話についてお話ししたいと思います。

今回制作したのは、大きめの鉢と大皿。食卓の主役になれる食器二種類をつくりました。

画像1

鉢はたっぷりサイズで丼を兼ねるようなものに。具沢山スープやサラダ、ラーメンや親子丼などパパッと済ませたい一皿料理のときにも便利です。

プレートは24cmと程よい大きめサイズでカレーやパスタはもちろん、お肉やお魚のメイン料理にもぴったり。

いろんな料理を盛り付けて映えるようなデザインなので、シーンを問わずに毎日使ってもらえたら嬉しいです。

1cmの違い、絶妙な釉薬の色違いに悩む

今回とても悩んだのがサイズ感と釉薬の組み合わせ。

特にボウルのフォルムは悩みました。1cmなんて日常生活では大した違いに感じないけれど、食器にとっては大きな違い。また横のカーブの傾斜でいくらでも中身の容量が変わってくるので、平皿以上に形状を決めるのが難しいと感じました。細かくすり合わせをして理想の形をつくったので、みなさんに早くお届けしたいという気持ちでいっぱいです。

iOS の画像

釉薬選びで悩んだポイントは、前回同様同じ形で二色ラインナップをつくるため「二つ並べておしゃれに見える」を追求したところ。そして、もっと大変だったのは第一弾の小皿や小鉢と組み合わせたときに素敵に見えるように作るという点です。

iOS の画像 (1)

「シリーズで揃えたくなるうつわにしたい!」と、第一弾と並べたときの色味や形のバランスにはとてもこだわりました。全て食卓に並べてテーブルコーディネートをすると、魅力が一層引き立つ自信作です。

レンジ&食洗機もOK

今回も第一弾同様食洗機、電子レンジOKなので後片付けも食べ残したものをあたためるのも楽チン。機能性とデザインの両立は、忙しい毎日を生きる私たちの強い味方です。

iOS の画像 (2)

みなさんの暮らしに小さなときめきを。

11月末リリースを楽しみにお待ちください。

Photo by Misaki Nawa、Yuikiko Sugano