SAKUZANのカラフルプレートにきゅん。食卓を彩る“私のとっておき”

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

SAKUZANのうつわは、岐阜県・土岐市駄知町で作られている美濃焼のシリーズ。 マットな質感のプレートは、洋食にも和食にも合わせやすいすぐれもの。彼から突然のサプライズでもらった、わたしのとっておきをご紹介します。

Share

twtter facebook line

SAKUZANのうつわをご存知ですか?

そろそろ新しいうつわが欲しいなと思っていたら、彼から嬉しいサプライズ。

開けてみると中に入っていたのは、さらりとマットな質感にカラフルな色合いが美しい、美濃焼・SAKUZANのうつわ。


◆SAKUZANはマットな質感が美しいプレート

SAKUZANの器は、伝統的な美濃焼の産地である岐阜県・土岐市駄知町に工房を構える窯元で、ひとつひとつ丁寧に焼き上げて作られているんだそう。

SAKUZANのお皿がとても気に入ったので、他にどんなシリーズがあるか調べてみたところDAYS Saraというシリーズで、ふだん使いによさそうなカップやプレートまで様々なラインナップが。

SAKUZANのうつわを使って早速いろんな料理を盛り付けてみたら、暮らしになじむシンプルで美しい佇まいや、その使いごこちのよさに感動しちゃいました。

わたしのとっておきのうつわコレクションがまたひとつ増えました。


◆SAKUZANのSaraプレートで華やかなモーニングを

SAKUZANのSaraに盛りつければ、目玉焼き、サラダ、トーストのシンプルなメニューも、カラフルなうつわの魔法でなんだか華やかに。

パステルブルーやネイビーのうつわには、目玉焼きの黄色でコントラストをきかせて。

朝から気持ちがパッと明るくなりそうな食卓に。

SAKUZANのプレートは、さらっとしたマットな質感に、リムのエッジがきいているところが大人っぽくて、あっという間にわたしのお気に入りに。


◆SAKUZANのお皿で、気分はまるでおうちカフェ

SAKUZANのベーシックな色のうつわなら、どんなメニューとも相性抜群。

彼の大好きなカレーを盛り付けてみたら、テクニックいらずでカフェ風ご飯が叶います。


◆SAKUZANをグラスの下の受け皿にも

SAKUZANの白いうつわはどんな料理も合わせやすくて、フルーツも映える便利なアイテム。小ぶりのサイズなので、取り皿として使ったり、グラススイーツの下にひいても◎。


その日の料理に合わせて、うつわの色を合わせることが楽しくて、普段の料理も素敵に仕上がるのも嬉しいポイント。 あしたの朝はなにを作ろうかな。