心も体も健やかに。自分をいたわる「冬至」

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

帰路につこうと外に出て「もうこんなに真っ暗なの?」と驚く近頃でしたが、これも束の間。冬至を境目にして、だんだんと日が長くなっていくみたいです。とはいえ、まだまだ寒さは続きます。どうぞ体に気をつけて、風邪を引きませんように。

Share

twtter facebook line

イルミネーションが映える澄んだ暗さとはうらはらに、「まだこんな時間?」と少し驚いたりもする最近。

いつの間にこんなに日が短くなっていたんだろう。

そう思っていたのも束の間、ホリデーを待たずして、だんだんと明るい時間帯が戻ってくるようです。

一年で最も日が短く、夜が長くなるのが、この時期にやってくる「冬至」。

冬の節目となるこの日は、心も体もきちんといたわって過ごそうと思います。

◆長い夜を口実に、キラキラ光るときめきを

日が短いとなんだか寂しい気持ちになってしまうけれど、一年に一度の、最も夜が長いこの日を大切に過ごしたい。

そんなことを口実に、雑貨屋さんで見かけた室内用の電飾を衝動買いしてしまいました。

お気に入りを並べた棚の上にふわりとかけてみたら、キラキラして心ときめくインテリアに。

窓辺の暗がりに映えるから、夜だけの特別な楽しみです。

◆定番のゆずは、二通りの楽しみ方で

昔から、冬至にゆず湯に入ると風邪を引かずに冬を越せると言われてきたんだそう。

小さい頃に、お風呂にぷかぷか浮かぶまんまるの黄色い果実が嬉しかったのを思い出して、大人になった今もこの日はやっぱりゆず湯に入りたくなります。

いつもの八百屋さんに並んでいるゆずがなんだ可愛らしくて、ついついまとめ買いしてしまいました。

せっかくだし、今年はゆずのジャムもつくってみようかな、なんて思って。

◆憧れの暖房器具をお迎えしたら、寒い日も心温か

今日を境に日が長くなるとはいえ、寒さが和らぐのはまだまだ先のこと。
油断せずにお部屋をあたたかくしておきたいものです。

普段の暖房はエアコンに頼ってばかりだけど、いつかわが家に、空気が乾燥しにくいストーブをお迎えしたいな。

上に乗せたやかんがシュンシュン音を立てているあの光景に憧れて、「今年こそは」なんて実は思っているところ。

年の瀬を迎える前に、彼と相談してみようと思います。

***

12月も、あっという間に半ば。
世の中が浮足立つような雰囲気をまとっていると感じるのは、私だけでしょうか。

楽しみが何かと多い時期だから、風邪なんて引いていたらもったいないかも。

心も体も健やかに、自分を大切に過ごしたいな。