おうち時間を豊かに暮らす。「立冬」にはじめる冬支度

季節の手仕事

ふとしたときの冬の匂いに気づく近頃。二十四節気では「立冬」にあたるこの時期は、暦の上でも冬のはじまりです。「寒いね」がご機嫌な挨拶になるような、あたたかさの沁みる日々を送りたいです。

Share

twtter facebook line


夕暮れのツンとした冷気に、「もう秋も終わりですね」なんて会話が増えてきました。

この時期ならではの”冬の匂い”をわかってくれる人に出会うと、ちょっぴり嬉しくなります。

暦の上でも冬に入るこの時期は、二十四節気の「立冬」。

あっという間に年が明けてしまうのかな、なんて思いながらも、ホリデーシーズンに向けてキラキラと彩られていく街並みには、やっぱり心がときめきます。

とはいえ寒くなるにつれて、室内にいる時間も増えるはず。

おうち時間を私らしく過ごすために、あれこれ方法を考えてみたいと思います。

◆早めの冷え対策で、心もあったかく

本格的な冷え込みへの備えは、早めにしておくのが安心です。

おうちの中とはいえ、油断は禁物。

特に足元は、床からの冷気をそのまま体内に取り込んでしまわぬように、しっかり守ってあげたいな。

そこで今年はちょっと奮発して、質のいいニットやひざ掛けを買い足すことにしました。

優しげな色合いのものを選んだら、寒い日もご機嫌に過ごせるはず。

足元や指先など身体の先端があたたかいと、心穏やかになれるような気がします。

◆ほっと味わう、冬らしいごちそう

がんばった日のおうちごはんは、具だくさんの煮込みうどん。

たまごを落としてぐつぐつ火を通すうちに、お出汁の優しい香りがキッチンに広がります。

うどんがやわらかくなったら、風邪しらずのあったかいごちそうができあがり。

鍋料理や煮込みが美味しいのは、寒い季節の特権ですね。

◆雪国を想い、落ち着いた白を取り入れる

お気に入りのインテリアショップを参考に、いつものグリーンを白みがかったドライフラワーに変えてみました。

これだけでどこか冬らしさを感じられるのは、雪化粧をした草花を連想させるからかもしれません。

クリスマスカラーも可愛らしいけれど、こんな風に少し落ち着きがあるしつらえも、大人になるにつれてしっくりくるようになりました。

***

豊かさを感じるための冬の過ごし方には、毎日にちょっとした温度を加える意識が大切なのかもしれません。

寒さ対策ももちろんだけど、心がぽっと温まるような工夫もきっと大事。

「今日も寒いね」という挨拶を好きになれるような、私らしい冬を迎えたいな。