ご挨拶に「涼」を添えて。夏に贈りたい手土産図鑑

贈りもの 贈りもの

手土産図鑑

大切な人にはとっておきのものを贈りたい…そんな気持ちで、フォトグラファーの中野晴代さんにおすすめの手土産を聞いてみました。暑い夏だからこそ、「涼しさ」を誘うような手土産を選びたいと思います。

Share

twtter facebook line

旬の食材や花を取り入れるだけで、毎日の暮らしに小さな楽しみが増えるもの。

この夏は、清涼感のある手土産を探して、大切な人にも季節の楽しみを届けたいな。

いつもセンス溢れる素敵な写真をInstagramに投稿しているフォトグラファーの中野晴代さんに、おすすめの手土産を教えてもらいました。

◆『UNE TABLE』のジンジャージャム

『UNE TABLE(ユヌターブル)』はフランス語で「食卓」という意味なんだそう。その名の通り、食卓にひとつあると嬉しい、生姜を主役にした商品を製造・販売しているブランドです。

中でも、すっきりとした風味が特徴的なジンジャージャムは、ヨーグルトやグラノーラにはもちろん、料理の下味にも大活躍の一品なんですって。

夏は冷房で冷えるので、身体の内側から温められるのも嬉しいかも。

「G」のロゴがデザインされたパッケージもかっこよく、キッチンにひとつ置いてあるだけでおしゃれな雰囲気に。大切な人にも喜んでもらえそうです。

◆『井上茶寮』のカヌレ羊羹

『井上茶寮』は、兵庫県姫路市にある茶葉と、お茶にまつわるプロダクトを扱うお店。

中でも目を引くのは、カヌレ型の羊羹。

季節ごとに様々な風味のものが販売されているんだそう。

お茶やコーヒー、お酒など、色々な飲み物と合わせられるのも魅力の一つなんですって。

箔押しされた箱もかわいらしく、手土産にもぴったりなんだそう。

贈りものだけじゃなく、自分へのご褒美に欲しくなってしまいそうです。

◆『Chipakoya』のジャムやピクルス

『Chipakoya(チパコヤ)』は、旬の食材を中心にジャムなどの瓶詰めやお菓子を製造・販売している静岡県に根付いたブランド。

手を加えすぎず、素材の美味しさをそのまま引き出した味が人気なんだそう。

季節の果物をふんだんに使った甘さ控えめのジャムは、パンやスコーンに添えるだけでなく、肉料理のソースやサラダのドレッシングにも使えそう。

爽やかな酸味のピクルスも、これからの暑い時期には欠かせない一品。

色鮮やかな瓶は、キッチンに並べておくだけで気分も高まります。

◆『TRE FLIP BAGEL&BREADS』のグラノーラ

『TRE FLIP BAGEL&BREADS(トレフリップベーグル&ブレッド)』は、横浜市にあるベーグルとイングリッシュマフィンの専門店。

天然酵母と国産小麦を使って、ひとつひとつ丁寧に焼き上げているんだそう。

そんな『TRE FLIP BAGEL&BREADS』でおすすめなのは、グラノーラ。

プレーン、抹茶、はちみつとイチジクなど、味を選ぶのも楽しそう。

200gと400gのパッケージがあるので、上手に組み合わせてプレゼントしたいな。

これからの暑い季節、手軽に朝ごはんを食べたい時に喜ばれそうです。

◆『cineca』のハーバリウム

『cineca(チネカ)』 は映画を題材に、物語性のあるお菓子を創案・制作しているとてもユニークなブランド。

チョコレートやケーキなど、見た目にも美しいお菓子が特徴的。

晴代さんがおすすめしてくれたのは、花やハーブを閉じ込めた砂糖菓子のハーバリウム。ひときわ涼しげな見た目で、夏の手土産におすすめなんだそう。

花の入ったものはそのまま舐めたり、紅茶に添えて楽しむといいみたい。

ハーブ入りのものは、お湯を注ぐだけでハーブティーとしても味わえるんだそう。

清涼感のある特別なティータイムになりそうです。

***

どれも清涼感のある爽やかな贈り物で、暑い夏の訪れが楽しみになってきました。

手土産に合う夏らしい便箋も探してみようと思います。

感謝の気持ちに「涼しさ」を添えて、大切な人に喜んでもらえたら嬉しいな。