年に一度はきちんと「ありがとう」を。母の日にしたい”小さな特別”

贈りもの 贈りもの

季節の贈りもの

毎年母の日が近づくと、「お母さんに何かしなくちゃ。今年はどうしよう?」とあわててしまう私です。でも、本当に大切なのは特別なことじゃなくて、「感謝を味わい、ちゃんと伝えること」なのかもしれません。カーネーション、一緒に作って食べる料理…年に一度くらいはきちんと「ありがとう」を届けたいな。

Share

twtter facebook line

母の日が近づいてくると、毎年「母に何かしてあげなくちゃ」とそわそわ。

大人になるにつれて、母という存在の大きさに気付かされます。

わがままも、綺麗じゃない私のことも、無条件で受け止めてくれる母。

いつもは何となく贈り物をしているけれど、今年はいつもとちょっと違う方法で「ありがとう」を伝えてみようかな。

なんて思ったので、母の日にしてみたいことを考えてみました。

◆「教えてもらう」という親孝行

子どもの頃は毎日のように台所に立って、ごはんを用意してくれていた母。

いざ自分も大人になってみると、それがどれだけ簡単でないかを実感します。

「今日のごはんはなんだろう?」

と、夕方になると毎日楽しみになっていたっけ。

小さい頃はよくお手伝いをしていたけれど、最近はそんなこともめっきりなくなってしまったなぁ。

ほかにも今のうちに教えてもらいたい家事のこと、実はたくさんあるのかも。

ふと思い立って母に「久々に帰ってみようかな」と電話をしてみたら、なんだか嬉しそうでした。

◆お母さんの大好物をごちそうしてあげる

おやつの時間や勉強の合間に、母がよく差し入れてくれたアイスクリーム。

でも実は、アイスクリームがいちばん好きなのは母自身だってことも、子どもながらに分かっていました。

市販のものを手土産に買って帰るのもいいけれど、せっかくだからちょっぴり手間をかけて手作りしてみようかな。

豪華なディナーよりも、きっとこんなごちそうのほうが喜んでくれるはず。

◆定番のカーネーションは自分にもプレゼント

母の日の定番といえば、カーネーション。

花言葉は「無垢で深い愛」だそうです。

色ごとにも花言葉があって、「母への愛」を示すのが赤いカーネーションなんですって。

そのほか、白いカーネーションには「純粋な愛」、ピンクのカーネーションには「美しいしぐさ」なんて意味があるんだとか。

母にあげるのは赤、自分にも別の色をプレゼントしようかな。

お花が好きなのは、きっと母ゆずりです。

お部屋にカーネーションを生けたら、母の日が過ぎても感謝の気持ちを忘れずにいられそう。

***

世界に一人しかいない母。
みんなちがった思い出があるからこそ、想いの伝え方もきっとそれぞれです。

「どうしたら喜んでくれるかな?」と考えてみると、実はその方法って全然特別じゃないことだったりもするみたい。

特別じゃないからこそ、ていねいに。

お母さん、いつもありがとう。