料理の時間をもっと心地よく。キッチンツールをすっきり見せる

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

新生活のスタートとともに、新しいキッチングッズも少しずつお出迎え。新しいグッズに囲まれて料理をするのは楽しいけれど、収納が悩みどころ。お箸やカトラリーから、うつわ、フライパンまで、上手に収納するコツを教えてくれました。

Share

twtter facebook line

新生活のスタートとともに、新しいキッチングッズもお出迎え。

新しい道具を使って料理をするのは、とても楽しいひとときだけど、道具の収納には頭を悩ませられてしまいます。

そんなことを友達に打ち明けると、キッチンツールをすっきり収納するために気をつけていることを教えてくれました。

◆細かく分けて、入れる場所を決める

お箸やカトラリーなどで収納スペースを細かく分け、種類ごとに入れるところを決めておくと、すっきりと収納できるそう。

奥に深い棚には小分けのケースを入れておくことで、取り出しやすさもアップ。

和食器と洋食器で分けてたり、食器のかたちで分けたり。

暮らしのスタイルや持っている道具に合わせて、収納スペースを区切るのがいいみたい。

収納場所を整えることは、キッチンがすっきり見えるだけでなく、食事の準備の効率化にもつながりそうです。

◆あえて「見せる」収納で雑多感を解消

・キッチンツール

毎日の料理で頻繁に使う道具は、壁を上手に使って吊るしたり、キッチンツールスタンドに立てて「見せる」収納を。

この収納で大事なポイントは、道具の材質や色を統一させて、雑多感を消すことなんだそう。

「見せる」収納は、料理もしやすく、キッチン空間がおしゃれに見えるので、私も実践してみたいな。

・うつわ

お気に入りのうつわは、隙間なく収納するのではなく、隣のうつわとの間に余裕を持たせて飾ることで、素敵に見えるんだそう。

同じ種類のうつわは重ねてもいいけど、異なる種類のうつわはできる限り重ねない方が、すっきり見えるんですって。

余白を作ることでインテリアショップのような空間ができあがり、毎食のうつわ選びもより楽しくなりそう。

***

細かくスペースを区切ってしまっておくもの。

広々と空間を使って飾ってみるもの。

私の生活スタイルに合わせて、少しずつ整えていきたいな。

すっきりしたキッチンで過ごす時間は、今よりももっと居心地がよくなりそうで楽しみです。