「赤い宝石」を頬張るしあわせ。一粒ずつ味わいたいさくらんぼ

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

さくらんぼは、これからの季節で楽しみな果物のひとつ。甘みと酸味のバランスがよく、口の中に広がるみずみずしさ。赤くてキュッとしまった果肉で、その見た目から「赤い宝石」なんて呼ばれているんだそう。旬の果実を一粒一粒楽しみたいと思います。

Share

twtter facebook line

さくらんぼは、これからの時期にたのしみな果物のひとつ。

さくらんぼが実るのは、桜の仲間である「西洋実桜(セイヨウミザクラ)」。

桜の季節が終わる頃、今度はさくらんぼが店頭に並び始めます。

甘みと酸味のバランスがよく、口の中に広がるみずみずしい風味。

赤くてキュッとしまった果肉は、その見た目から「赤い宝石」なんて呼ばれているんだそう。

そのまま食べてしまうことが多いけれど、アレンジしてもおいしく楽しめると教えてもらいました。

◆おいしいさくらんぼの見分け方

おいしいさくらんぼは、実と茎を見ればわかるんだそう。

実は光沢と張りがあって、傷のないもの。

茎は青く、ピンとしているもの。

さくらんぼ狩りに行くときは、日のよく当たる場所にあるものがおすすめなんですって。

木の南側の高い場所は日当たりがいいから、おいしいさくらんぼがなるみたい。

◆さくらんぼを使ったスイーツ

・ゼリーに入れて

さくらんぼをたっぷり入れたゼリーは、見た目もかわいらしくて、眺めているだけで幸せな気分に。

さくらんぼの甘酸っぱい風味は、どんな食材とも相性抜群。

サイダーを使って爽やかな味わいにしようかな。

それとも梅酒を使って大人の味に仕上げようかな。

2層にして、ミルクとさくらんぼのコントラストを楽しむのもよさそう。

気分に合わせて、いろいろな味をつくって食べ比べてみようと思います。

・タルトやケーキに添えても◎

甘いだけでなく程よい酸味のさくらんぼは、生クリームとの相性もぴったり。

ショートケーキのいちごの代わりに、さくらんぼを使ってみるのも◎。

また、チーズクリームをのせたタルトに、さくらんぼを添えるのもすごくおいしいみたい。

この季節だけの旬の味。

毎日のおやつの時間が、華やかになりそうです。

***

足がはやくデリケートな果実なのでできるだけ早めに食べた方がいいんですって。

今日のおやつは、さくらんぼのタルトとカフェラテにしようかな。

見ているだけで心が弾む、まさに宝石のようなさくらんぼ。

一粒一粒、大切に味わいたいと思います。