心も身体もリラックス。カモミールで癒しのひとときを

暮らしの特集 暮らしの特集

植物との暮らし

愛らしい見た目をしたカモミール。古くから薬草としても親しまれていて、心も身体もリラックスすることができるみたい。ハーブティーから、スワッグ、テーブルコーデ、お風呂まで、暮らしに取り入れて、癒しのひとときを過ごしたいなと思います。

Share

twtter facebook line

やっと暖かくなってきたと思いきや、朝と夜にはまだ少し肌寒さが残るこの季節。

安定しないお天気で体調や気持ちが負けそうになってしまうことも。

そんな時に出合ったのは、可憐な姿のカモミール。

小さくて愛らしい白と黄色の花に、ほんのり感じる優しい香り。

カモミールは、古くから薬草としても親しまれているみたい。癒しの効果と体調を整える作用などもあり、心も身体もリラックスすることができるそうです。

暮らしの中にカモミールを添えて、癒しのひとときを過ごしたいなと思います。

◆カモミールの由来と花言葉

カモミールの名前の由来は、ギリシア語で「大地のりんご」を意味する「chamaimelon」だそう。その名の通り、りんごのような甘い香りがするお花です。

カモミールは主に2種類あり、それぞれ用途が違うみたい。

ハーブティーとして一般的に親しまれているのは「ジャーマンカモミール」。

一方、やや苦味があり、精油などの用途で使用されているものが、「ローマンカモミール」なんですって。

カモミールの花言葉は、「逆境に耐える」「苦難の中の力」。

愛らしい見た目とは裏腹に、踏みつけられるほどよく育つ強い繁殖力が特徴で、中世のイギリスでは、謙虚さと忍耐の象徴とされていたそうです。

◆カモミールの楽しみ方

・ハーブティー

イライラしている時、不安な時……カモミールティーのやさしい香りは、不思議と気持ちをリラックスさせてくれます。はちみつを加えたり、ミルクを加えてミルクティーにするのも飲みやすくておすすめです。

・スワッグ

可憐な姿のカモミールは、おうちの彩りにも。

かすみ草やラベンダーと合わせれば、華やかなスワッグに仕上がります。

ユーカリと合わせて、より花を引き立てるシンプルなスワッグにするのもいいかも。

・テーブルコーディネート

カモミールを花瓶に生けて、食卓に飾るのも◎。

テーブルフォトを撮る際に、映り込ませてもかわいいかも。

・お風呂のおともに

カモミールはお風呂のおともにもいいみたい。

花の部分を切り取って乾燥させ、お風呂や足湯などに入れて香りを楽しんで。

◆「カモミールミルクティー」で1日の締めくくり


寝る前におすすめのカモミールティー。

ハーブの香りに包まれて、よりアレンジを楽しみたい…そんな方にぴったりの方法を教えてもらいました。

作り方はとっても簡単で、お湯じゃなくて、牛乳で煮出すだけなんですって。

はちみつを入れると、更にまろやかで飲みやすいそうです。

カモミールの他にも、ラベンダーやローズを使ってもいいみたい。

どれもやわらかく上品な香りで、疲れた身体に染み渡ります。

ご褒美のハーブミルクティーで、寝る前のリラックスタイムを。

ここちよい香りに癒されて、ぐっすり眠れそうです。

* * *

様々な楽しみ方ができるカモミール。

今度、お花屋さんに探しに行こうと思います。

見つけたらベッドサイドに飾ろうかな。

お部屋も心も明るくなりそうです。