彩りにあふれたお花見ごはん。桜の香りにつつまれて

日々の料理 日々の料理

季節の手仕事

桜は見て楽しむだけでなく料理でも取り入れることができると教えてもらいました。私も桜をつかったお花見ごはんに早速挑戦。週末のお花見に向けて、しっかり準備したいと思います。

Share

twtter facebook line

今日は「さくらの日」。

歴史や風土と強く結びつく桜を通じて、日本の自然や文化についての関心を深める日なんだそう。

そして今週末は待ちに待ったお花見。

お昼ごはんは、みんなで持ち寄ることになりそう。

桜は見て楽しむだけでなく、料理にも取り入れることができるんですって。

五感で桜を楽しめるような、春満開のお花見ごはんを教えてもらったので、早速挑戦してみることにしました。

◆桜を使ったお花見ごはん

【桜のおにぎり】

雑穀米を混ぜてピンクに染まったおにぎりに、桜の塩漬けを可愛らしくトッピング。

桜の香りを楽しめるだけでなく栄養もたっぷりな一品。

【桜のロールサンド】

桜と苺、餡子やホイップクリームを上手に組み合わせれば、とっておきのロールサンドが完成するんだそう。

色合いも春らしく、目でも楽しめるお花見レシピ。

蓋を空けた瞬間のみんなの笑顔が楽しみです。

【桜のスイーツ】

桜の塩漬けをみじん切りにして餡子と一緒に生地に混ぜ込んだ、クリームチーズのマフィン。

満開の桜を眺めながら食べる桜のマフィンで、お花見の気分もより高まりそう。

◆桜のシロップ

桜の塩漬け、ビート糖、水だけでできる桜シロップ。

杏仁豆腐やヨーグルトとの相性もいいので、作っておくと便利なんだそう。

お花見では炭酸水で割って、桜ソーダにして楽しもうかな。

***

桜は咲き始めたらあっという間に散ってしまうので、お花見に向けてしっかり準備しておきたいな。

おにぎりからスイーツまで、桜の香りが漂う「お花見ごはん」。

春を存分に楽しもうと思います。