寝室は私だけのこだわり空間。ベッド周りのお気に入り

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

1日頑張った夜は、疲れを癒すために寝室でゆっくり過ごしたいところ。ベッドや布団など大きなものは模様替えするのが大変だけど、小物ひとつだけこだわるだけで、ぐっと気持ちよく過ごせる気がします。もっとベッド周りを快適にしたいなと“お気に入り”を探してみることにしました。

Share

twtter facebook line

1日頑張った夜は、疲れを癒すために寝室でゆっくり過ごしたいところ。

それに何より休日は大好きな布団に包まれて、ベッドでぬくぬく過ごすのが一番幸せ。

ベッドや布団など大きなものは模様替えするのが大変だけど、小物ひとつだけこだわるだけでも快適さがぐっと増す気がします。

今のお部屋も好きだけど、もっともっとベッド周りを快適にしたいなと、お気に入りを探してみることにしました。

◆大きめブラシで布団のほこり取り

布団を干すときに重宝するのは『無印良品』の洋服ブラシ。

ブラシの部分が大きめなので、ささっとかけるだけでほこりを取ることができます。

洋服の毛玉も綺麗に取れるので、来年また着たい厚手のセーターに丁寧にブラシかけするのも、衣替えのときのお決まりの作業になりました。

◆部屋にも馴染む木材の物干し

木材がクロスしている物干しタワーは、そのまま部屋の隅に置いておいてもインテリアの邪魔をしません。

洋服やタオルを引っ掛けてもいいし、枕を干すときにも便利でよく使ってるかも。

お日様の香りをたっぷり吸い込んだ枕で寝ると、幸せな1日の締めくくりに。

◆春夏にぴったりのスリッパに衣替え

冬はもこもこのスリッパを履いていたけど、春夏は麻でできたスリッパに衣替え。

『中川政七商店』の麻のスリッパは、前開きなので通気性が良くて、さらりと履けるので気に入っています。

少し汚れてきても洗濯機で洗えるので、長持ちするのも嬉しいポイント。

◆寝る準備は頭の中を整理させることから

私の寝る前の日課は、日記帳を書くこと。

今日1日の出来事やご飯のメモ、明日やりたいことを簡単に書くだけで、頭が整理されるような気がします。

ベッドに入ってから考え出すと眠れなくなってきてしまうので、ここですっきりさせておきたいな。

◆眠くなるまで雑誌を読んでおやすみなさい

ベッドサイドのテーブルもサイズ感やデザインがお気に入り。

雑誌や小説をその日の気分で選んで、眠たくなるまで読むのが私の日課。

そのまま眠りにつきたくて、読んだ本をぽんと置けるちょうど良い高さがお気に入りです。

寝室は私のとっておきのものだけを置いた大切な空間。

大好きなものに囲まれて、明日も1日頑張れるようにゆっくり眠りたいと思います。