ポイントをおさえてカビ知らず。お風呂のおすすめお掃除術

暮らしの特集 暮らしの特集

暮らしの豆知識

お掃除の中でも特に苦手なお風呂のお手入れ。低い部分はしゃがまないと磨けないし、天井は手が届きにくいし、何かと体力が必要で時間もかかってしまいます。カビ汚れができないように毎日できるだけ楽にお掃除したいなと思ったので、いいアイデアがないか調べてみました。

Share

twtter facebook line

お掃除の中でも特に苦手なお風呂のお手入れ。低い部分はしゃがまないと磨けないし、天井は手が届きにくいし、何かと体力が必要で時間もかかってしまいます。

お風呂の汚れの中でも一番厄介なのが、壁やゴムパッキンなどに点々とつく黒いカビ。

白が映えるお気に入りのお風呂なのに、カビが湧いてしまったら不衛生な上に見た目も台無しです。

カビ汚れができないように毎日できるだけ楽にお掃除したいなと思ったので、いいアイデアがないか聞いてみました。

◆小物類は浴槽を使って丸ごと「オキシ漬け」

お風呂の小物類って水垢や石鹸カスですぐ汚れてしまうから、こまめに洗うようにしているけれど、お掃除アイテムがありすぎてどれがいいか迷っちゃう。

いろいろ試した中で落ち着いたのは、万能洗剤オキシクリーンを漬けるだけの「オキシ漬け」。

できるだけ時間をかけずに楽にお掃除したいと相談すると、お店の人がおすすめしてくれました。

浴槽にお湯とオキシクリーンを入れたら、小物類を浸して数時間待つだけ。汚れがだんだんと浮いてくるので洗い流してできあがり。

オキシクリーンは強い洗浄力だけじゃなくて除菌も期待できるみたいだから、定期的に漬け置き洗いして、ぴかぴかな状態を保てたらいいな。

◆天井は「パストリーゼ」と「ワイパー」でお手軽除菌

お風呂掃除で忘れがちなのが、天井のお掃除。汚れが見えにくいので後回しにしてしまうけれど、カビが広がらないようにお手入れしたいのが本音。

天井って手が届きにくいし、台を使ってもつるっと滑りそうで困っていました。

何か楽にお掃除する方法はないかなと調べてみると、フローリング用の「お掃除ワイパー」と「パストリーゼ」を使ったお手入れ方法を見つけたので試してみることに。

少しコツはいるけれど、手を伸ばして拭くよりもずっと楽にお掃除ができて便利。思っていたより短時間できれいにお掃除できたし、いつもの行程にプラスしようと思います。

◆換気扇は「ホコリとりフィルター」で汚れを予防

お風呂の換気扇部分って結構ほこりがたまってしまうし、お掃除しにくくて困る場所。

汚れる前に予防できるものがあったらなぁと探していると「ほこりとりフィルター」を見つけました。

貼ったり剥がしたりできる粘着シールがついていて簡単に使える優れもの。今まで小さなブラシでお手入れしていたけど、定期的に張り替えるだけだからお掃除がとても楽になりそうです。

換気扇以外にも使い道はたくさんありそうだし、自分なりにアレンジして使ってみようと思います。

◆仕上げに防カビ燻煙剤できれいをキープ

お風呂掃除が終わったら、欠かせないのが「防カビ燻煙剤」。

お友達が教えてくれたので使ってみたら、本当にカビの発生が抑えられていてびっくり。

水を入れて置いておくだけでいいから簡単だし、次のお掃除が楽になるから毎回使うようにしています。

使うときは浴槽のエプロンとカウンター下をはずして、全体に行き渡るようにするといいんだとか。

楽にお掃除できるアイデアをたくさん教えてもらったので、気負いせずにお手入れできそう。

真っ白できれいなお風呂を保てるように続けていけたらいいな。