暮らしをもっと気持ちよく。老舗メーカー『木村石鹸』に聞く“石けんのいろは”

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

『木村石鹸』は、大正13年に創業した老舗の石けんメーカー。一人ひとりの職人が手作業で、石けんの製造を行なっているそう。使う時の3つのポイントや、ギフトにぴったりなセット、洗浄力抜群なグッズまで、石けんについて詳しく教えてもらいました。

Share

twtter facebook line

いつもお世話になっている先輩へ、引っ越しお祝いに贈りもの。「何にしようかな」とふと浮かんだのは、『木村石鹸』のお掃除グッズ。

『木村石鹸』は、大正13年に創業した老舗の石けんメーカー。ずっと使い続けている大好きなブランドです。

パッケージもシンプルでおしゃれだからインテリアに馴染むので、贈りもの選びにも重宝しています。

早速、お店に探しに行くことにしました。

◆『木村石鹸』の秘密

石けんは、天然の油脂や脂肪酸を大きな釜の中で加熱・撹拌しアルカリと結合することで作られているそうです。この製造方法を「釜焚き」と呼び、『木村石鹸』では一人ひとりの職人が手作業で製造を行なっているそう。

石けんは、油脂の種類、気候や気温、湿度などによって、仕上がりが変化するみたい。その微妙な変化を逃さないために、職人たちが五感を使い石けんを生み出しているんですって。

天然の油脂を使っているから手肌に優しく、肌が弱い私でも手荒れせずに使うことができます。

◆石けんを使う時のポイント

石けんを使う時は、3つのポイントがあるそう。

まず、洗浄液はある一定の濃度が必要。製品の使用量を守り、泡立ちが悪くなったと思ったら、石けんを足してみるといいそうです。

次に、水温の目安は20℃以上がいいみたい。水の温度が低いと溶けにくくなってしまい、洗浄力が十分に発揮されなくなってしまいます。

最後に、石けんは濃度が40%以上になると固まってしまうので、使った後はこまめにキャップやポンプ先を拭いて、固まらないようにするといいみたい。

意外と知らない石けんを使う時の豆知識。私もこれから3つのポイントに注意して、石けんを使ってみようと思います。

◆プレゼントに選びたい「SOMALI ギフトセットB」

色々と探していると、素敵なギフトセットを発見しました。

「SOMALI ギフトセットB」は、台所用石けん、トイレクリーナー、バスクリーナーの3種類が入った、水回りのお掃除がはかどりそうな嬉しいセット。

それぞれの特徴を、詳しく教えてもらいました。

◆台所用石けん

天然オレンジ精油の香りがさわやかな、手肌にやさしい石けん。泡立ちやすいし、すすぎやすくてとっても使いやすいみたい。手肌や食器に石けんが残りにくいから安心して使えるんですって。

汚れがひどいときは、泡を吹き付けて10分程泡パックするといいそう。安全性が高いのに、汚れの分解力も高いなんてとても優秀。

◆トイレクリーナー

石けんと天然由来成分だけで作られているクリーナー。トイレの内部だけじゃなくて、全体のお掃除にも使えるみたい。

気づいたときにすぐ拭き掃除ができて便利かも。天然のふんわり広がるラベンダーの香りで、お掃除の時間がもっと楽しくなりそうです。

◆バスクリーナー

バスクリーナーは、こだわりの石けんに植物や天然ミネラル由来の成分だけを加えてつくったもの。浴槽や手肌に残ることなく皮脂汚れを、きれいにすすぎ落とすことができるんだそう。

このクリーナーにも天然オレンジ精油が含まれていて、スプレーする度にさわやかな香りが広がります。

お風呂用の洗剤って強い成分のものが多いから、手肌にやさしい成分でつくられているのもうれしいポイントです。

◆お風呂まるごと洗浄剤

日々の掃除で大変な、浴槽・風呂床、洗濯槽、トイレタンク、排水管の清掃に特化した「Cシリーズ」も私のお気に入り。

中でも、「お風呂まるごと洗浄剤」は、なかなか取れないヌメリや水アカ、皮脂汚れを落としてくれるから、毎月のお風呂掃除に使っています。

使い方は、お風呂の残り湯に入れてつけ置きするだけ。洗面用具も入れておけば、簡単に丸洗いできちゃいます。

しっかり汚れが落ちるのに、手肌にやさしいところも素敵。レモングラスの爽やかな香りも心地よくて、お風呂掃除が楽しくなりました。

* * *

暮らしをすっきり整える『木村石鹸』の洗剤。

プレゼントにも、自分へのちょっとしたご褒美にもついつい欲しくなってしまいます。

次は、どれを試してみようかな。

毎日の掃除の時間がもっと楽しくなりそうです。