いつもの節分にひと工夫。家族で過ごす季節の行事

暮らしの特集 暮らしの特集

暮らしの豆知識

家族みんなで過ごす節分。豆まきや飾り、恵方巻きを楽しむのはもちろんですが、それぞれの行事の由来を調べることで、日本の伝統文化を感じられる節分にしたいと思います。

Share

twtter facebook line

今年の節分は家族みんなで集まってホームパーティーをする予定です。

節分の基本的な情報をしっかり調べて、最近ぐんと成長してきた姪っ子にいろいろと聞かれてもきちんと答えられるようにしておかないと。

せっかく家族みんなで過ごす節分なので、飾り付けや料理にも工夫を凝らしたいなと思います。

◆そもそも節分ってどんな日?

「節分」は、季節の節目である立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを示し、本来、年に4回あるそう。

江戸時代以降、1年のはじまりでもある春に重きを置くようになり、 立春の前日の節分が現在の「節分」として残っているようです。

ちなみに読み方は「せつぶん」でも「せちぶん」でも正解。季節ごとの節目は邪気が入りやすい時期とされていたため、豆まきなどの行事は邪気払いとして行うんだとか。

たしかに季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。今年はひとつひとつの行事の意味を知った上で、節分を過ごし、家族みんなの邪気払いになればと思います。

◆節分といえば豆まき

今年の節分も、家族みんなで豆まきをやる予定です。

この豆まきは古代中国から伝わった行事で、平安時代には宮中行事としても取り入れられていたそう。 その頃の「豆打ち」という行事が後に「豆まき」に変化し、今日に続く行事として定着しているみたい。

豆まきに使う豆は、穀物の霊が宿るとされている「大豆」が定番で、火を通した炒り豆を使うのが縁起がいいとのこと。豆を鬼の目に投げつけ、鬼を滅する「魔滅」という言葉との語呂合わせの意味もあるんだとか。

また豆まきはその地方ごとに特徴があり、悪い鬼ばかりでなく良い鬼もいるという考えのもと「福は内、鬼も内」という掛け声をかける地域もあるみたい。

豆をまくのは家長、もしくは年男・年女が縁起がいいとされているようで、豆まきが終わったら歳の数だけ豆を食べる……なんていう風習にも1年間の無病息災を祈る意味があるんですって。

豆が食べきれないという場合「福茶」を飲むという方法もあるみたい。

福茶の作り方を近所の方に聞いたので忘れずにメモしておきます。

◆節分に飲む福茶の作り方

【材料】

・福豆 3粒

・塩昆布 ひとつまみ 

・梅干し 1個

【作り方】

福豆、塩昆布、梅干しを湯飲みに入れ、熱いお湯をそそげば完成。

お湯の代わりに緑茶やほうじ茶、玄米茶を注いでも美味しいみたい。塩昆布と梅干しで少ししょっぱくなることがあるので、塩昆布の量は調整する必要があるそうです。

家族みんなで縁起物の福茶を飲んで、身体を温めたいと思います。

◆節分の飾り「ヒイラギイワシ」

節分の飾りとしてイワシと柊(ヒイラギ)が有名ですが、これにもきちんと由来があるそう。

鬼はイワシの生臭い香りと柊の痛そうなトゲが苦手。なので、イワシの頭を焼いてより香りを強くしたものと柊の枝を合わせて玄関に飾ると、鬼が寄り付かなくなるんだとか。

この飾りは節分から2月いっぱいまで飾っておくのが一般的。

小正月(1月15日)から立春(2月4日)まで飾るというところや、節分の日だけ飾るという地域もあるようです。

また縁起物なので処分の方法には少し困ってしまいますよね。調べたところ、塩で清めたあとに紙に包んで捨てるという方法が一般的なんだとか。

時間があるときには、近所の神社に持っていってき上げてもらうのもいいかもしれません。

◆みんなで食べたい恵方巻き

節分の日に楽しみたいのは、恵方巻き。恵方を向いて無言で一気に食べるのがいいとされている巻き寿司です。その起源には様々な説があるようですが、どうやら大阪方面から日本全体に伝わった風習のよう。

恵方巻きは、商売繁盛・無病息災を願い、七福神にちなんで、7種類の具材を使うとされており、「福を巻き込む」なんていう意味も持っているみたい。

商店街の八百屋さんで聞いたところ、卵焼き、海老、しいたけ、きゅうり、さくらでんぶ、かんぴょう、あなごが定番とされているものの、正式な具材はないそう。好みに合わせて自分の好きな物を入れて楽しめるのも魅力のひとつですね。

八百屋さんにおすすめされたのは、鰻、伊達巻き、三つ葉、にんじん。色のバランスも考えて華やかな恵方巻きを作りたいな。

最近ではアボカドとサーモンを使った洋風の恵方巻きや、豚キムチとナムルを使った韓国風の恵方巻きなんかも人気があるみたい。

具材をたくさん用意して、家族みんなでオリジナルの恵方巻きを作れるように準備しておきます。

◆節分のスイーツ

みんなで集まる日は、ごはんのあとにスイーツが欲しくなります。スイーツに詳しい友達に聞いてみたところ、恵方巻きを模したロールケーキも人気みたい。

今年の恵方は「東北東」。恵方巻きだけじゃなく、ロールケーキも恵方を向いて食べた方がいいのかな……。そんなことを考えながら準備を進めています。

節分の由来や伝統文化の意味を知るだけで、いつもとは少しちがった気持ちで節分を過ごせそうです。

飾り付けをしたり、恵方巻きを作ったり、豆まきをしたり。大盛り上がりの節分パーティーになりそう。

そしてなにより、久しぶりに家族みんなで会えることが一番の楽しみです。