インテリアのアクセント。ほっこりかわいい冬雑貨

暮らしの特集 暮らしの特集

私のとっておき

ニットや、もこもこ素材の冬雑貨。寒くなるとノルディック柄やサンタさんモチーフなど、ほっこりあたたまる冬の小物がお店に並びます。やわらかいデザインがかわいい陶器のブローチや、冷え性にうれしいウールのスリッパなど、今年は何を買い足そうかな。

Share

twtter facebook line

冬の肌寒さを感じたら、少しずつはじめる冬支度。

今気になっているのは、ほっこり温まるニット素材やもこもこの冬雑貨。

ノルディック柄やサンタさんモチーフなど、寒くなると乙女ごころをくすぐる冬小物がいろんなお店に並びます。

お友達がツリーに飾るオーナメントがほしいと言っていたので、お茶する前に雑貨やさんに寄り道。すると、寒い冬をたのしく過ごせそうなかわいい冬小物を見つけました。

◆小菅幸子さんのブローチ

やわらかいデザインの中に、こだわりがたっぷりつまった「小菅幸子」さんの陶器のブローチ。

ひとつひとつ手づくりで作られているから、形や大きさが少し違って味があるんだとか。

マフラーやバッグのワンポイントとして使いたいな。

◆「FLOKATI」のメリノスリッパ

家の中でも足元が冷える冬の夜。「FLOKATI」のもこもこスリッパは手離せなくなります。

素材は上質なメリノウール100%で、内側まで広がるボアがふんわりぽかぽか。メリノウールは羊毛の中でも最高級とされるウールで、毛が柔らかくて弾力性が高いのが特徴なんだそう。

裏面にはすべり止めがついているから、フローリングでもすべりにくくて安全。丸洗いもできるようで、汚れが気になったらお洗濯できるのもうれしいポイントです。

見た目も色もかわいいから色違いで揃えたくなっちゃう。

玄関に置いておくだけで、ほっと温かい空間になりそうです。

◆もみの木柄のクッションカバー

リビングのソファに寄り添う、お気に入りのクッションも冬仕様に衣替え。

シンプルなインテリアが多いおうちには、柄物がおすすめとのこと。

もみの木柄のクッションカバーは、ちょっとしたアクセントにもなるし、北欧家具のナチュラルな雰囲気にも馴染みそう。

クリスマスの小物とも相性がよさそうで、1つ持っていると重宝しそうです。


全部かわいいから、あれもこれもとついついたくさん買ってしまいそう。

今年は何を買い足そうかな。冬のおうち時間がもっと楽しくなりそうです。