ずっと大切に着たいから。ひと手間できれいが叶うニットのお手入れ方法

暮らしの特集 暮らしの特集

暮らしの豆知識

ニットのお手入れで気になるのが毛玉取り。クリーニングに出すほどでもないし、良い方法はないかなと悩んでいたら、テスコムの毛玉取りクリーナーを発見。おすすめのポイントと使い方を教えてもらいました。

Share

twtter facebook line

去年買ったノルディック柄のニット。今年も着ようとクローゼットから出すと、少しだけ毛玉がついていました。

ニットは大切に着ていても、必ず毛玉ができちゃうから、お手入れは欠かせません。

クリーニングに出すほどでもないし、いい方法はないかなと悩んでいたら、姉のおうちで「TESCOM 毛玉取りクリーナー」を発見。

ネットで見たことがあって、少し前から気になっていたものです。
おすすめのポイントと使い方を教えてもらいました。


◆大きさやカッターの種類が豊富

持ち歩きができる小さいサイズからカーペットもお手入れできるパワフルなものまで、種類が豊富なので用途に合わせて選べるみたい。

毛足の長さを調整できる「風合いガード」が付いているから生地を傷めずにふわふわにカットできる優れもの。


◆コンセント式で使いやすい

毛玉取りクリーナーって電池式のものが多いけれど、「KD778」は、コンセント式。たくさんお手入れしたいときでも途中でパワーが落ちなくて使いやすいんですって。

◆クリーナーのお掃除も楽々

ニットのお手入れ後は、クリーナーのお掃除。

お掃除用のブラシも付いているのでささっときれいにできて便利です。

さっそく私も同じものを購入。もうダメかなと思っていたニットを、また着られると思うとわくわくしちゃいます。

クローゼットで眠っているウールのクッションカバーも、お手入れすればもう一度使えるかも。ちょっと小さめの手袋やくつ下にも対応できるみたいなので、ついでに全部お手入れしようかな。

新品みたいによみがえる魔法のような毛玉とりクリーナー。

お値段もリーズナブルだし、悩みが解決できそうで一安心。

ニットを定期的にお手入れして、大切に長く使い続けたいです。